°°°岩田 英里 4×4の家 / 安藤忠雄
c0116644_14142890.jpgc0116644_14143618.jpgc0116644_14144588.jpg


この住宅は、そのボリュームと前方に広がる海、自然との対比によって成立している。
それを表現した。また、その対比を壊す事が無いよう、設計者がディティールへの細かな配慮をしていたことも知っていたため、
模型にも精度を求めた。

古谷:土台の空間の取り方、角度がよい。
模型の精度も非常に良く、コンセプトがよくわかる。

藤井:海岸から立ち上がるスロープの部分を、土台にスリットを入れて土台と一体化させて作ったところがよかった。
これにより大地と建築の一体感がより強調されている。
[PR]
by enshu07 | 2007-05-01 00:09 | 第1課題
<< 第二課題出題 °°°岡本 衣未 屋根の家 /... >>