小笠原 正樹 ○○○

c0116644_18271716.jpgc0116644_18273168.jpgc0116644_18274136.jpg

自分は、高級レストランで高価な食事をするより、木に実っている果実をもいでその場で食べるような、ささやかな食事のほうが魅力的なのではないかと思った。だから、果樹の林に寄り添うようにテーブルや椅子をしつらえ、その場で果実を食べる事のできる食空間を作った。果樹園には様々な種類の果樹が植わっており、樹によって実のなる時期が違うので、果実が実る時期が自然とそこを利用する人々にとっての集合の合図となる。

萩原:これは果樹園の中にいくつも点在している様子を表現した方がよかった。あるひとつのサンプルを取り出してきれいに模型に起こしたのはわかるが、この形はこの果樹に対して絶対にこうでなくてはいけないということがなく、交換可能な図形だ。それぞれの果樹が違った実の付け方をするのに応じた、もっとつっこんだ形状がデザインできたのではないか。
[PR]
by enshu07 | 2007-07-11 18:28 | 第4課題
<< 永井 武志 ○○○ 岩田英里 ○○○ >>