イ ユンホ ○○△
c0116644_18361693.jpg
c0116644_18364463.jpgc0116644_18363155.jpg

住宅に細長いリニアなテーブルを挿入し、すべての部屋がキッチンと何らかの関係をもっている住宅を作った。例えば風呂場の前まで伸びたテーブルにはワインやおつまみが置かれ、風呂に入りながらそれらを楽しむ事ができる。玄関の前のテーブルには忙しい朝の為の朝ご飯が置かれ、食べてすぐ家を出る事ができる。ひとつのテーブルで住宅をつらぬくことによって、それを介して、家族というものも考えられるようになればという願いもこめた。

平本:食べる空間が家をつらぬいている。何をするときでも食べているというのは面白い。
藤井:リニアなテーブルが家をつらぬいていくというイメージは良いが、このまっすぐな形状はこれで良かったのだろうか。幅が狭い所と広い所があったり、どこかで曲がっていたりしてみても良かったのでは。
萩原:他の人の講評で出た、時間と食空間のデザインという話にもつなげられる提案だと思う。
[PR]
by enshu07 | 2007-07-11 17:32 | 第4課題
<< 朴ウンジョン ○○○ 金光 宏泰 ○○△ >>