西野 安香 ○○○
c0116644_2295414.jpgc0116644_230314.jpgc0116644_2301256.jpgc0116644_2302178.jpgc0116644_2302811.jpg


積層された部屋を境界を越えてずらしていく事で空間が2分される。
そうすることで様々なアクティビティが発生し、多様な空間を生み出す事ができると考えた。

平本:抜け殻みたいなモチーフを使った表現が多い人だなと思う。
壁が動いたことで、元の壁が新しい意味を持った壁になる。
その事をもっとつっこんで考えてみたら良かった。

古谷:壁の移動の痕跡を残しておく(表現しておく)と良かった。
ある要素がシフトしてずれることで交通が生まれ、階段などができる。
しかし住宅としての用途を考えると、回転した事に対する根拠、
斜めの壁を作る根拠がもっと欲しい。使い道をもっと具体的にイメージしてみたらどうか。
[PR]
by enshu07 | 2007-11-01 00:12 | 第1課題
<< 野海 彩樹 ○○○ 須田 悠子 ○○○ >>