山本 明彦 ○○○
c0116644_2354681.jpgc0116644_2355411.jpgc0116644_236173.jpg


カレーライスを発想の源として空間を考えた。
カレーは野菜やライスなどそれぞれ別々なものをルーによってひとつにつないでいる。
これを建築機能にあてはめると、カレールーのように別々なものをつなぐ役割を果たしているのは
ドア(内と外をつなぐ)であると思った。だから、人の好みによってドアを
自由な角度で回転させ、内外を好みで混ぜられる家を作った。

古谷:バラバラになっているものを一群にまとめているのがルー。
それは例えば、バラバラに配置された家具が、一枚のカーペットの上に載っているだけで
ひとつの部屋のように感じられる事に似ているかもしれない。
カーペットという物理的なものでなくとも、日なたに置かれているものは
ひとまとまりに感じられる、など、まとめる要素は様々に考えられる。
ルーを単に内外をつなぐドアと捉え、調節可能なものだけで空間を作るというのは、
最初のカレーの説明と飛躍があるのではないか。
[PR]
by enshu07 | 2007-11-01 00:14 | 第1課題
<< 小澤 賢人 ○○○ 野海 彩樹 ○○○ >>