パク ウンジョン ○○○○
c0116644_245050.jpgc0116644_2594475.jpg
c0116644_245941.jpgc0116644_2451983.jpgc0116644_2454498.jpgc0116644_2452756.jpgc0116644_24535100.jpg


正方形のプランを同じ形の渦巻き状で2分割する。
そして一つの渦巻きを立体化することで、天井が家具化したような住宅をつくった。
同じ形で空間を2分割しながら機能も2分割させるような構成をした。

古谷:平面的に白黒を作らず、巻き状に分割し、それをリンゴの皮を持ち上げたみたいに
空間を作っている。スロープを作った瞬間に、上と下という不等価の2分を作り出している。
建築においては、重力が存在する以上、空間の上下には絶対的な差が存在する。
平面的に図形を分割するだけでなく、立体的に持ち上げたのが良かった。

萩原:これは空間のリバーサル性を発見したのだと思う。
室内の表と裏という概念で空間を2分割したのはとても面白い。
[PR]
by enshu07 | 2007-11-01 00:20 | 第1課題
<< 第2課題「広場的空間」 小笠原 正樹 ○○○ >>