砂越 陽介 ○○○
c0116644_20405923.jpg
c0116644_204189.jpgc0116644_20411535.jpgc0116644_20412254.jpgc0116644_20413179.jpg


前回、家の内皮に注目した。
持ち物ごとに特性がある。ストックのための場所、アクティビティのための場所の二つに分けて考えた。家具の横幅を♪の長さ、音の強さをその場所に置かれた理由に置き換え、大きいものは強い機能は弱いものとした。
同じ音が繰り返されないように12ずつに区切ったものを作り、その中で音程が同じものが2回以上出てくる場合は、そうならないようにさらに区切る、♪をダイヤグラムに表した。ストックは外、アクティビティは内側に出した。音階低いものを外側に出した。ストックはディスプレイ的なものとなる。
[PR]
by enshu07 | 2007-12-20 00:17 | 第4課題
<< 第5課題 「断面で考える空間」 郡司 ○○○ >>