タグ:furuya ( 48 ) タグの人気記事
°°°須田 悠子 黒の家 / 千葉学
c0116644_1420766.jpgc0116644_14201355.jpgc0116644_14202322.jpgc0116644_1421112.jpgc0116644_14212153.jpg


一見、無機質な真っ黒の住宅だが、周りの環境を住宅の中に巻き込んで空間を作っている。
そのため、ヴォイド部分をはめ込み式のピースとして立体化し、
周りの環境が部屋のように住宅に入り込んでいる様を表現した。

萩原:ヴォイド部分を緑の部屋、空の部屋というように周辺環境を取り込む部屋として表現したのはよいが、
その部屋が緑や空といった単一の要素で満たされているのが残念だった。
一方的なものの見方をせず、緑と空が混じった部屋を作るなど、
周辺環境が混在して住宅に取り込まれている様子を表現できるともっと良かった。
[PR]
by enshu07 | 2007-05-01 00:06 | 第1課題
°°°大導寺 翔 虚白庵 / 白井晟一
c0116644_14215239.jpgc0116644_14225096.jpgc0116644_1422896.jpgc0116644_14223578.jpg

この住宅には窓がない。闇に包まれた内部空間には、天井からの点光源によって照らされた壁や家具が深い影を落としている。その陰影によって、この住宅は形成されている。
それを表現すべく、屋根にあけられた穴からペンライトによって住宅内部に小さな光を落として鑑賞する模型を作った。

萩原:闇の中に住宅を表現するというコンセプトはよいが着眼点がもっとスマートにわかるようにした方がよかった。
建物の外観を作る必要はなかったのではないか。
[PR]
by enshu07 | 2007-05-01 00:05 | 第1課題
°°°中島 洋輔 佐木島プロジェクト / 鈴木了二
c0116644_141207.jpgc0116644_1414917.jpgc0116644_1421559.jpg

この住宅に与えられた細長いスリットには、風景を切り取るというよりも風景を撃ち殺してしまうような強い緊張感が感じられる。
それを表現するため、模型を銃に見立ててみた。

古谷・萩原:銃にすると言うコンセプトは面白いが、それにしてはグリップ部分がお粗末すぎる。
手に持ったときに重量感があるようなちゃんとしたグリップを作ってみたらもっと良かった。
[PR]
by enshu07 | 2007-05-01 00:04 | 第1課題
°°°西野 安香 Villa Savoye / Le Corbusier
c0116644_11333022.jpgc0116644_11335494.jpgc0116644_1134468.jpgc0116644_11341379.jpg

c0116644_11382696.jpgc0116644_11383651.jpgc0116644_11384566.jpg


サヴォア邸は正方形の対称性を持った住宅だが、その中にも様々な多面性を見いだす事ができる。
現在の対称性を保ったまま、対称性を壊し新しい見方を創出できるよう、見る角度によって様々に変化する模型を作った。


古谷:建築は一度にその全体像を見る事はできない。
たくさんの断片的な視点の集積が建築を作っているということを感じさせる。

萩原:建築の多面性を表現したいとの事だったが、多面性を表現すべく、サヴォア邸の大きくカーブを描く一階の壁を作った方がよかった。
また、色を入れてみる事で裏と表の差異を強調できて良かったかもしれない。

藤井:この模型は何の模型なのか一見して何だかわからないところがよい。
デジタルのようにシンプルな要素で表現されているのがよい。
[PR]
by enshu07 | 2007-05-01 00:03 | 第1課題
°°°本橋 仁 塔の家 / 東 孝光
c0116644_14194748.jpgc0116644_142436100.jpgc0116644_14264694.jpg

塔の家は極小住宅の代名詞的な作品であるが、その魅力はその住宅単体にとどまることなく、その地域全体のデザインに影響力を与えた。
地域をかえる力を持った住宅として、地域との一体感を表現した。

萩原:建築単体でなく地域、町に注目して住宅を解釈したところが良い。
[PR]
by enshu07 | 2007-05-01 00:02 | 第1課題
°°°朴ウンジョン WEEKEND HOUSE / 西沢立衛
c0116644_14155021.jpgc0116644_1416594.jpgc0116644_1416308.jpgc0116644_14165857.jpg

この住宅は一階建ての住宅なのだが、一階建てとは感じられないような広がりがある。敷地周辺の自然が建物内に大きく浸食してきているという感じを表現するため、
正方形のプランから中庭の部分をえぐって外形を再構築した。

藤井:土台がコンセプトに合っていないと思う。土台の厚みや素材等、
もっと適切な表現があったのでは。

萩原:外形を再構築したプランがあなたの考えたコンセプト模型で、中庭の光の広がりを表現した方が現実の様子を表現した模型ということだったのだが、
それは逆のように思える。
[PR]
by enshu07 | 2007-05-01 00:01 | 第1課題
°°°安藤 駿介 原野の回廊 / 五十嵐淳
c0116644_1427888.jpgc0116644_14273077.jpgc0116644_14275347.jpg

この住宅は魅力的な路地空間を住宅に取り込むことに成功している。ずれながらゆるやかに連結されたボックスは風景を取り込みながら、
豊かな空間を生み出していく。それを抽象化して表現し、様々な環境の中でもこの住宅の形が適応できうることを示した。

萩原:この住宅の良さを素朴に表現していて良いと思う。しかし敷地をもっと抽象化した方が、
この空間がいろいろな環境の中でも成立しうるということが伝わったのではないか。
[PR]
by enshu07 | 2007-05-01 00:00 | 第1課題
第1課題出題
第1課題 「私の好きな住宅 ―その解釈」

出題:古谷誠章

世界中から各自の最も好きな住宅を選んでその縮尺1/100の模型を作る。ただし、単にオリジナルに忠実に再現するのではなく、その住宅のコンセプトを深く理解し、そのエッセンスを抽出、強調するような模型をつくること。

建築家のデザインした住宅を基本とする。商品化住宅や伝統的な民家、および集合住宅などはこの課題では対象としていない。模型の台座などに必ず、元の作品の設計者、住宅の名のほか、簡単な図面か写真を添付する。
[PR]
by enshu07 | 2007-04-18 13:00 | 第1課題