タグ:hiramoto ( 19 ) タグの人気記事
山本航一 / Cthello ○○○
c0116644_21382924.jpgc0116644_21384137.jpgc0116644_21385250.jpgc0116644_2139095.jpg

山本航一 ○○○
オセロ。オセロの駒をキューブでつくり、6種類の色を使えるようにした。
台を動かしたりぶつけてしまうと駒が散らばってできなくなってしまうのも防げる。
もともと、オセロは日本人がつくったものでならば和風でいいのではないかと思って
こういう柄にした。

平本:升目はなくても良かったのでは?
山本:キューブが取りづらくなってしまうので少し隙間を空けた。
古谷:升の深さはここまでなくても良いのでは?
山本:上以外の柄がたくさんみえてしまうのが良くないと思った。
平本:キューブのエッジを全部面取りすれば取りやすいのかもしれない。
何かキューブって言う形を生かせれば良かった。
古谷:僕も昔子供の頃オセロの駒をつくったことがある。
そのときこのぐらいの厚さにつくってしまったのだが、えらくひっくり返しづらく、
既製品はよく出来ているという印象を受けたことがある。やはり使いづらそうではある。
それ以上に面白いのはオセロが白と黒だけではなくなったというところ。
それによって圧倒的に面白くなった。
最大5人でできるが実際やってみたか?
(6面中「何も置いてない」を示す1面が必要だから最大5人)ゲームとして成立したか?
山本:一人でシミュレーションはしてみた。できないことはない。もっとルールが必要になる。
古谷:奇数人でははじめの置き方に不公平がでたりするはず。
キューブという6面だからこそ適正な升目の数があるはず。
ゲームとしてきちんと成立すると本当に面白くなる。
萩原:何かタイリングみたいにも見える。
お風呂にあったら面白いのでは(笑)。
藤井:対戦途中で駒が動かないというところも結構いい(笑)。
[PR]
by enshu07 | 2007-07-01 21:39 | 第3課題
西野安香 ○○○
c0116644_21294465.jpgc0116644_2130030.jpgc0116644_2130942.jpgc0116644_21301728.jpg
c0116644_21304818.jpg

ゴミというマイナスイメージを消したかった。立って見た時、ゴミがないようにみえる。インテリアとしても綺麗なものに見えるのではないか。

古谷:前回のエスキスで違う方向はないか考えてみたがこれをつくってきてなかなか頑固(笑)
この執念はすごい。このレンズはどうしたのか?
西野:自分でつくった。平たいアクリルと凹んでいるアクリルの間に水が入っている。
古谷:もっと下もパシッとつくってあったほうがよかった。
藤井:実際にゴミをいれてみておけばよかったのでは?
西野:実際にいれてみるとすごい深い底の方にゴミがあるようには見える。常に底が見えるようにしたかった。今はレンズの下に黒い紙を貼っている。
萩原:下のところのズレはなんでこのようになっているのか?
西野:本当は回転するようにつくりたかった。このズレを動かそうとすることで動かない部分までゴミが入っているとわかるようになっている。
[PR]
by enshu07 | 2007-07-01 21:35 | 第3課題
パク・ウンジョン ○○○
c0116644_21273930.jpgc0116644_21274952.jpg
c0116644_21584272.jpgc0116644_21585618.jpg

普通の枕は面だが、面を点にすることが目的。点にすることで髪型がくずれにくくなる。

古谷:中間エスキスより寝やすそうにはなったけど、髪型はくずれそう。
萩原:同じ材料の繰り返しでできていて、見た目的には綺麗になった。枕の形をセミオーダーできそう。
古谷:多少髪型崩れが防ぐ効果がある枕という風にはいえるかもしれない。
[PR]
by enshu07 | 2007-07-01 21:28 | 第3課題
加藤敦士 ○○○
たばこのパッケージ。ケータイ灰皿を持ち歩くという行為はけっこう面倒くさかったりしてケータイ灰皿を忘れてしまう。だったら、たばこを買ったときについていたらいいかなと思った。パッケージが灰皿になればいいのではないか。
一本一本小さい灰皿でくるむ。

平本:チューインガムの発想。ありそうでなかった。あり得ると思う。
古谷:大いにあり得ると思う。問題はコストか。葉巻は一本一本つつんでたりするが。
あと、この小さい袋では灰を落としづらそう。
平本:これからタバコは高くなるだろうから一本一本つつむということもあるのではないか。
古谷:なるほど、それはありそう。たばこが大事になるから一箱買ってそれを少しずつ吸うとなると一本一本くるんで劣化を防ぐというようなことになるかもしれない。
藤井:私は吸わないからよくわからなかったのだが、高くなるからちょっとずつ吸っては袋に戻すのかなと思った(笑)。
[PR]
by enshu07 | 2007-07-01 21:26 | 第3課題
岩瀬基彦 ○○○
c0116644_21241910.jpgc0116644_21243435.jpgc0116644_2124449.jpg

ホッカイロ。割ることが出来る。利点は二つで、一つはいろんな大きさに出来ることで、もう一つは人にあげることが出来る。軽く割ることによってまず、空気を入れてホッカイロを暖める。さらに金属疲労のような方法で何回も折ることで完全に割る。砂の色を変えて春らしい色や夏らしい色ということも出来ないかと思った。

古谷:端っこを割ったとして逆の端の割れてないところはまだ発熱してない?
岩瀬:はい、発熱しない。
平本:結構新しいのではないか。大きいので割って使える。ランダムに割れる線を入れていたりしてそれなりにデザインしてきた。色に関しては銅をいれて緑とかそういうことはあるのかもしれない。空気の入り方はこれでは厳しいと思う。色が違うと温度が違うということにしたら面白いかな。
[PR]
by enshu07 | 2007-07-01 21:25 | 第3課題
岡田岳土 ○○○
c0116644_21195155.jpgc0116644_21201926.jpgc0116644_21203142.jpg

写真立て。光の屈折によっていれる写真が変化するようにつくった。

古谷:先週の平本さんの写真立てをみているか?
岡田:はい。
古谷:確かにこれに写真を入れてみると面白い。入れる時の絵の動き南下も面白い。このなかにガールフレンドを入れてしまうとどうなるのか(笑)
藤井:逆に見えなくするっていう方向は面白い。
[PR]
by enshu07 | 2007-07-01 21:23 | 第3課題
田辺 綾花 / Spiral Vase  ○○○
c0116644_21164646.jpgc0116644_2118335.jpgc0116644_21181183.jpgc0116644_21174895.jpg

c0116644_2120577.jpg

長さにも幅にも対応できるようにした花瓶。外側の螺旋の構造で花瓶の高さを上に
引っ張り、低くするときは中の水の自重で止まるようにした。

平本:前回のエスキスのくしゃくしゃのものから自分なりの答えを見つけている。
この花瓶には実際に水を入れてみたか?
田辺:入れた。水の自重だけで花瓶が倒れないように出来ている。
平本:まわりの螺旋のものは役に立っているのか?
田辺:構造体になっている。何かもとの形に戻る素材がいいと思っている。
平本:やっぱり、このアクリルじゃなくて何か素材を探す必要がある。
古谷:モックアップとしての重さはある。やっぱり何か金属でやって
構造体になったり、のびたり縮んだりできるようにするべき。
平本:ハンガーでなにかそういうものがあった。
藤井:先週からよくブラッシュアップされたと思う。
萩原:太さに関しては細いのと太いのとつくっているわけだから、
2重構造のようなものでもよかったかも。
外側は上に引っ張る力のもので内側のものは下に引っ張る力がかかるものとか。
藤井:花瓶で布という素材は面白い。
水を使うという理由で一番始めに外されそうな素材を使っている。
[PR]
by enshu07 | 2007-07-01 21:20 | 第3課題
吉原拓也/ホチキスいらず ○○△
c0116644_21483715.jpgc0116644_2127389.jpgc0116644_21271418.jpg

中間まではホチキスを何か改良しようと思っていたが、中間エスキスをしてホチキスに変わるものをつくろうとした。ホチキスの芯は再利用できないしエコとしてもデメリットだし、コストのことを考えてもこの方法のがいいと思った。

古谷:普通のホチキスみたいに片方だけ留めたい時は?
吉原:この先っぽの小さいクリップだけでとめる(笑)。
平本:前回から発展していて嬉しかった。どこでも手に入るものでつくっているのは良い。コストダウンできる。
藤井:やはり今あるものでつくれていて良い。見た目もすごい綺麗。
萩原:定形ごとに買わなければいけないのは不便。この棒が大きさに合わせてぼきぼき折れてその折れた余りも何かに使えるとか考えられたら良かったかもしれない。
古谷:ヘアピンだけでいけるといえばいける。それのほうがアジャスタブル。
萩原:クリップでとめるとたくさんめくったりしているとずれてきてしまうことがあって、それを解決する方向もあったのでは。
[PR]
by enshu07 | 2007-07-01 21:00 | 第3課題
第3課題 出題
2007年度 設計実習 D 第 3 課題

出題:平本英行

知っているモノ、知らないカタチ
身のまわりのモノをデザインしてみましょう。
全てのモノは、既にデザインされたカタチをもって存在しているわけですが、それらの「知っているモノ」は、そのカタチである必要があるでしょうか?
この素朴な疑問を出発点に、まったく新しい、まだ「知らないカタチ」をデザインしてください。
ただし、ここでの新しさは、既存のカタチを超える為のなんらかの前向きな提案を持ったものとします。つまり、より機能的であったり、より美しかったり、また、何か新しいアクティビティを誘発するものであったりといった提案です。
原寸モデルで考えてみてください。
縮小されたモデルでは、とかく意識がコンセプト的な方向へ集中しがちですが、原寸モデルでは、よりリアリティを持ってデザインを考えることができます。それは、実際の大きさで対峙できるスケール感へのリアリティと、触れることによる質量感や機能性へのリアリティです。
感性に導かれた優れたデザインを期待します。
※とりあげる題材は自由としますが、原寸モデルが教室に持込めるまでの大きさのモノとします。
中間提出(5月23日)
1.とりあげる題材(知っているモノ)
2.その最も良いと思う事例と悪いと思う事例を挙げて考察
3.計画デザインのテーマ(新しいカタチへのてがかり)
以上をシート(27cm×27cm)に表現
最終提出(6月 6日)
1/1スケールの模型で表現(知らないカタチ)
[PR]
by enshu07 | 2007-06-20 00:00 | 第3課題