タグ:kawabata ( 3 ) タグの人気記事
川端美絵 ○○○
c0116644_2332534.jpg
c0116644_233545.jpgc0116644_2333642.jpgc0116644_2334583.jpgc0116644_234133.jpgc0116644_234108.jpg

 1つの空間でつかわれかたが明解でなく想像できる方が多様になる。シンプルでなにができるか。40センチ間隔の黒や白の線の列をうねらせたりして配置することでそれを介した人と人の場所と場所の関係、身長の差などでお互いの見え方が多様な関係になる。

藤井:ルーバーを傾けたり色変えたりしていてそれでお互いの見え方が多様に見えていることが面白い。オフィスのなかのしきりとかで仕切りたいところとそうじゃないところをコントロールしたりして使えそう。ミラー状にしたり。境界の扱い方が面白いものになる。
古谷:間に白いのを入れたりしているのが視覚的に面白いものになっている。アイデアをもうちょっと実際の空間にどう使えるか考えると良い。坂茂の紙管の空間は単純な柱の連続でうまく空間をつくっている。
[PR]
by enshu07 | 2007-07-31 07:00 | 第5課題
川端美絵/たこ足配線を見直す ○○○○

c0116644_2121584.jpgc0116644_21212093.jpgc0116644_21213464.jpg

たこ足配線。従来のものは大きなプラグがあるととなりの穴が使えなかったりして嫌。インテリア的にも考えて、よくある白などでは面白くないのでこのようなものをデザインした。この赤いラインのところならどこでもささる。

平本:どこでもささるのは思いつきそうでないと思う。
藤井:穴に対して一対一じゃなく、どこでもささるというところがよいし、デザインとしても提案してくれているからよいのではないか。
古谷:もっと重くしておいてもらいたかった。重いかと思ったらつかんでみたら軽かった。
たこ足配線はひっくり返ったりもしてぐちゃぐちゃしてしまうところがある。重くすることでそういうことがなくなって安全になるかもしれないし、実用性のあるアイデアである。デザインとは何かということを考えると、これはたこ足配線も見られるものになる可能性を持っているということを示したと言えると思う。
萩原:このたこ足配線のコンセントのデザインはどうなっているのかも考える必要がある。それがまだない。
[PR]
by enshu07 | 2007-07-01 21:50 | 第3課題
川端 美絵/no titled   ○○△
c0116644_442328.jpg
c0116644_445491.jpgc0116644_446833.jpgc0116644_4462212.jpg

敷地は神奈川県横浜市青葉区の田んぼ。
あぜ道沿いに作る。八畳が一部屋の単位で、ひとつは田んぼを管理する管理者の部屋。
クライアントは虫になり、四面広がる部屋で田んぼを見て暮らす。

萩原:川端さんは面白い現象に気付いた。下から見たとき天井がなくなる。
ジェームズ・タレルが光の館などでやっている。
角度が変わるのを組み合わせると良かった。
ひとつダイアグラムをゆがめると言ってくれると一週課題として良かった。
もうひとつ、光の変化をやるにはこの素材でいいのか、
一つだけ透明、あるいは反射性の素材を用いたらどうなるかを実験すると良かった。
藤井:形が面白い。わからないのが農業との関わりが形に反映されるとよかった。
川端:稲叢を考えたときに同化されると面白いのではないかと思いました。
古谷:でも、この建物は年中あるわけだし、しかも稲叢は稲を刈った後のものじゃない。
萩原:勉強が大事。
古谷:これはやはり昨日作ったというのではだめ。
一回つくってみてそれをみて考えてみるという行為が必要。
[PR]
by enshu07 | 2007-06-07 00:02 | 第2課題