タグ:kobayashi ( 3 ) タグの人気記事
小林 玲子 ○○○
c0116644_2237146.jpgc0116644_22371095.jpgc0116644_22371865.jpg


京都駅は、X軸Z軸の両方の断面が交錯して成立している空間だと思う。それは大スケールで見てみて初めて魅力的に感じられる空間だと思うが、それを住宅スケールに落としてみて、小さなスケールで見てもその魅力を復元できないかと考え、この住宅をつくった。

古谷:ドーモ・セラカント(設計:象設計集団)という住宅を見てみると良い。それは魚のような形をした斜面に建つ住宅なのだが、地形があって、建築があって、ひとつの空間を移動するのに平面的にも断面的にも移動することになるところが非常に参考になると思う。あれは面白い住宅。
[PR]
by enshu07 | 2007-12-27 22:37 | 第5課題
小林健太郎 ○○△
c0116644_2232111.jpgc0116644_2233980.jpgc0116644_2234625.jpgc0116644_2233292.jpg


住宅が壊して何かを残して広場にするといことを考えた。そこで庭というものが残ればそこをきっかけに広場が生まれるのではないかと考えた。

平本:このベンチはなんなのだろう。庭が重要と言いながら庭だけじゃ不満だと。
古谷:もう少しリアリティのある方が良い。ある住宅地の家だけを抜いてみたら不思議になったらよかった。難しい所だが、一発アイデアで一目をひかなくてはならないし、またその抽象化したモデルが実際に建ちそうになってないといけない。
萩原:ランダムに家が配置されているがこれは不自然。庭の形も不自然。この家が建った過程、広場が出てくる過程がキチンとデザインされていればこの庭の形も変化するはず。
古谷:家を抜いただけで広場化、というアイデアに集中すべき。家を抜いたところが真っ赤な砂になっているとかだけで迫力が出てくる。家を取り除いた所が水になっているとか。結局は入れないけど広場になるのだとか。
[PR]
by enshu07 | 2007-12-01 00:02 | 第2課題
小林 健太郎 ○○△
c0116644_2144011.jpgc0116644_214576.jpgc0116644_2145065.jpgc0116644_215440.jpg


住宅を二つの可動する部分に分け、元は一つの家だが、
二つに分けることで2つの意味がもたらされる可変式の住宅を作った。

古谷:ちょっとずらすだけで劇的に空間が変化する様子がよくわかる模型だ。
大きな操作は加えずとも、すこしのずれを加えるだけで空間は豊かになる。
[PR]
by enshu07 | 2007-11-01 00:02 | 第1課題